スポンサーサイト

Posted by tani on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ガイドライン対策

Posted by tani on 30.2013 医学部6年(マッチング卒試国試) 0 comments 0 trackback
国試では毎年新ガイドラインが発表されます。
つまりそれは何かというと…新しいテスト範囲みたいなものです。
つまり…今まで出さなかったけどココの範囲出しても文句なしね♪
つまりつまり…ココでるから勉強しておいていね♪♪

と、解釈してついついマイナーな病気でも新ガイドラインなのでいちよう勉強しておこうという気になり勉強しています。

例えば、

Bernard-Soulier syndrome
常劣、巨大血小板、血小板数正常-低下

出血時間延長する疾患の鑑別診断として…
Glanzmann thrombasthenia
常劣、血小板正常、凝集能低下

今日勉強するまでBernard-Soulier syndrome知りませんでした。ちゃんとyear noteに載ってるんですね。
血液の分野では他にもMGUShair cell leukemiaはでるかもね。模試でよく出題されてたし…。

医療観察法、検疫感染症、健康日本21、不活化ポリオワクチン、医療計画5疾患5事業+在宅医療…。
やはり高齢社会が深刻なので介護保険とかいっぱいでるのかな…とか想像して重点的にsubnoteで復習してます。

夕方までのバイトを終えて夜ご飯はおいしいつけめんを食べに行くために空腹を我慢して勉強しました。
22時お店が空いている時間を狙っていこうとすると大学に後輩くんがいたので一緒に行きました♪

国試落ちたらこいつと同級生になると思うと絶対に合格したい。笑


ゴロの本を出版できる勢いでゴロを作って唱えている人!
覚えられないことはゴロで潰していきましょう♪


大学生協より差し入れいただきました。
ありがとうございます。
あと10日ですね。頑張りましょう。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。