スポンサーサイト

Posted by tani on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成都・黄龍・九寨溝 part7 九寨溝→成都→西安→上海→名古屋

Posted by tani on 18.2012 成都・黄龍・九寨溝 (2012.01) 0 comments 0 trackback

前日に九寨溝のバスターミナルで帰りのチケットを購入。


朝6時過ぎ…。また8時間か…。


勉強トークで盛り上がり、寝る。


この組み合わせは珍しい!?二人で一つの音楽を聴くなんてらぶらぶですね♪


何度目かの休憩でバスを洗います。相当汚い所を走っていたことに気づく。

成都に到着し前回泊まったゲストハウスに泊まり、次の日名古屋へ帰りました。


中国で初めてかわいい子供を見た!彼の髪型が人民カットです。


また揺れるのか…と不安を抱えながら搭乗しました。が、安全でした。




相変わらずの機内食…。


暇すぎて勉強する…。みんな勉強道具持って行っているあたりがさすがです!!!


やんちゃただった中学生時代に太鼓の達人だったそうです。彼は本当にすごいです!達人です。


西安でのトランジット。たいこと勉強。


勉強と勉強しているフリ。


上海浦東空港♪かなりおしゃれ。この白い棒は建築としてすごいらしいです。が、圧迫感しか感じませんでした。


名古屋行の機内食はやっと普通でした。


弾丸トラベルでへとへとだったけどやはりこのメンバーでの旅はおもしろい。
次は卒業旅行だな♪楽しみにしてます。
その前に卒試やら国試やら…。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

成都・黄龍・九寨溝 part6 九寨溝

Posted by tani on 15.2012 成都・黄龍・九寨溝 (2012.01) 0 comments 0 trackback

九寨溝は中国でも有数な観光地だそうです。
そのため陸路しか本来いけない山の中でしたが空港が作られ夏には観光客がどっとくるそうです。





















九寨溝を満喫すると行きにも遭遇した物売りばあさんたちに囲まれる。

断るときの中国語「ぶーやお」と強気で言えばこの軍団は退散します。



ぶーやお

成都・黄龍・九寨溝 part5 黄龍

Posted by tani on 13.2012 成都・黄龍・九寨溝 (2012.01) 0 comments 0 trackback
九寨溝の隣にある黄龍に行きました。
隣と言っても100kmぐらい離れてて山を一つ越えないといけないけど。
タクシーのうんちゃんが往復4000円で行ってあげるとのことでラッキーでした。



タクシーでゆらゆら2時間。お疲れですね。


途中ぶらり下車をさせてくれるサービス精神旺盛の素敵なうんちゃんでした。


黄龍って世界遺産だったんだね…。知らずに来てしまった。毎年予習不足を指摘されています。

黄龍はこんなとこです。





歩いてどんどん上に行くのですが標高が3500mもありかなりしんどかった。


強面の兄ちゃんに後をつかれていました…。どうやら途中まで一緒に行くつもりだったみたいです。
滑って危ないからかな?中国で初めて優しさを感じました。








カメラマンT.yuji


帰りも途中下車をさせてくれる素敵なタクシー運転手。

4000mの山を越えて九寨溝に戻りました。
4000mは初めて体験しましたが…かなりきつかった。

前日雪が降って路面が凍結してて一度2回転ぐらいスピンしたけどなんとか九寨溝に帰ってきたな…と思うと…。

事故った…。あと少しで正面衝突だった。汗


無理な追い越しをしたせいでぶつかってきてタクシーは何も悪くないのにマンパワーで押されるタクシードライバー。言い争いになるもタクシーのうんちゃんは優しいせいか不服があるものの許してしまったようです。
かわいそうに…。うんちゃん今日悪いこと何もしてないのについていない素敵なお兄さんでした。



Atsushi and Yuji


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

成都・黄龍・九寨溝 part4 バスにて8時間の移動

Posted by tani on 12.2012 成都・黄龍・九寨溝 (2012.01) 0 comments 0 trackback
私は時間を節約するために基本的にその地へもっとも早く交通手段で移動します。
ヨーロッパではLCCを効果的に使い弾丸旅行できましたが、T.yana理論によると陸路こそ真の旅だと主張されます。
それぞれの旅行スタイルがあっていいと思います。

日本ではバックパッカーはあまり見られますが海外ではこのような格好で歩いている旅人は多いです。









バスで8時間…。ほとんどが山道グネグネ道…。

運転は相当荒く何度も正面衝突しそうになりました。片側一車線ずつの道で追い越しをしまくる運転手の気がわかりません。


段々と田舎になっていきトイレも簡素のものになっていきました。
三重大学の最寄駅の江戸橋もこんなトイレじゃなかったけ??

無事、九寨溝のゲストハウスにたどり着きました…。





暖房はなくハロゲンヒーターのみの部屋でした。お湯も最初だけは出るものの途中から止まるという去年のグランドキャニオンのときと同様のアクシデントに見舞われました。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

成都・黄龍・九寨溝 part3 フォアンチェンラオマー

Posted by tani on 10.2012 成都・黄龍・九寨溝 (2012.01) 0 comments 0 trackback
四川省の名物の一つに火鍋があります。


辛いのと辛くないとこでしゃぶしゃぶして食べます。


中国に来てなかなかおいしいものにありつけなかった4人はしばし食べ続けました。




魚の腸。何事もチャレンジしていろんな珍味をいただきました。











相変わらず決まってるな!!!


にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。